AMD A10-8700P
AMD A10-8700P
Intel Core i3-7100
Intel Core i3-7100

比較 AMD A10-8700P に対して Intel Core i3-7100

AMD A10-8700P
AMD A10-8700P
242379 ポイント
Intel Core i3-7100
Intel Core i3-7100
282684 ポイント

最高の仕様と機能

パスマークの結果

プロセッサスレッド

半導体サイズ

トランジスタ数

勝者 Intel Core i3-7100

利点
  • パスマークの結果 = 5967. このパラメーターは'のパラメーターよりも高くなっています。73% ;
  • 半導体サイズ = 14. このパラメーターは'のパラメーターよりも低くなっています。92% ;
  • 基本周波数 = 3.9. このパラメーターは'のパラメーターよりも高くなっています。97% ;
デメリット
  • プロセッサスレッド = 4. このパラメーターは'のパラメーターよりも低くなっています。66%
  • トランジスタ数 = . このパラメーターは'のパラメーターよりも低くなっています。207%
  • 核 = 2. このパラメーターは'のパラメーターよりも低くなっています。88%
  • L2キャッシュ = 0.5. このパラメーターは'のパラメーターよりも低くなっています。99%
  • ターボクロック速度 = . このパラメーターは'のパラメーターよりも低くなっています。117%

AMD A10-8700PとIntel Core i3-7100の比較:ハイライト

  • パスマークの結果

    PassMarkベンチマークは、SSDパフォーマンスのベンチマークを行う際に、読み取り速度、書き込み速度、およびシーク時間を考慮に入れます。

    • 3555
      max 85280
    • 5967
      max 85280
  • Производительность
    • 7787
      max
    • 2981
      max
  • Память
    • 9164
      max
    • 10184
      max
  • Функции
    • 350
      max
    • 360
      max
  • Общая информация
    • 3187
      max
    • 3951
      max
  • プロセッサスレッド

    スレッドが多いほど、プロセッサのパフォーマンスが向上し、同時に複数のタスクを実行できるようになります。

    • 4
      max 128
    • 4
      max 128
  • Результаты тестов
    • 13009
      max
    • 19302
      max
  • 半導体サイズ

    半導体のサイズが小さいということは、これが新世代のチップであることを意味します。

    • 28 nm
      5 min
    • 14 nm
      5 min
  • トランジスタ数

    それらの数が多いほど、これはより多くのプロセッサー能力を示します。

    • 3100 1 миллион
      max 39500
    • 4
      max 64
    • 2
      max 64
  • L2キャッシュ

    大量のRAMを備えたL2キャッシュにより、プロセッサ速度とシステム全体のパフォーマンスを向上させることができます。

    • 2 MB
      max 32
    • 0.5 MB
      max 32
  • 基本周波数
    • 1.8 GHz
      max 4.7
    • 3.9 GHz
      max 4.7
  • ターボクロック速度

    プロセッサ速度が制限を下回ると、パフォーマンスを向上させるために、より高いクロック速度にアップグレードできます。

    • 3.2 GHz
      max 8
  • 最大メモリ帯域幅

    これは、デバイスが情報を保存または読み取る速度です。

    • 34.1 GB/s
      max 204.8
    • 38.4 GB/s
      max 204.8
  • RAM速度

    RAMを高速化して、システムパフォーマンスを向上させることができます。

    • 2133 MHz
      max 4267
    • 2400 MHz
      max 4267
  • メモリチャネル

    それらの数が多いほど、メモリからプロセッサへのデータ転送の速度が速くなります。

    • 2
      max 8
    • 2
      max 8
  • パスマークの結果(シングル)

    実行スレッドを使用してプロセッサのパフォーマンスを測定するテスト。

    • 1259
      max 3757
    • 2231
      max 3757
  • L1キャッシュ

    大量のL1メモリが高速化し、CPUとシステムのパフォーマンスが微調整されます

    • 320 KB
      max 4096
    • 128 KB
      max 4096
  • L2カーネル

    L2キャッシュを使用すると、プロセッサコアにアクセスして大量の情報を保存できます。

    • 0.5 MB/core
      max 2.5
    • 0.25 MB/core
      max 2.5
  • 熱放散設計要件(tdp)

    熱放散要件(TDP)は、冷却システムによって放散されるエネルギーの最大可能量です。TDPが低いほど、消費される電力は少なくなります

    • 15 W
      1.4 min
    • 51 W
      1.4 min

同様の比較